日本道路興運株式会社
HOME お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ

日本道路興運トップページ > 会社情報 > 代表者メッセージ

What'sNew
会社概要
事業内容
支店・営業所
車両管理員(ドライバー)登録希望者のみなさまへ
新卒・キャリア(事務系)入社をご希望のみなさまへ
CSR

会社情報

会社概要 代表者メッセージ 沿革 関連会社

  私ども日本道路興運株式会社は、自家用自動車の運転と管理業務全般(「車両管理業務」)を請負うことを目的として昭和40年11月に設立されました。「車両管理業務」は私どもが考案したビジネスモデルです。

  今でこそ業務のアウトソーシングは業務合理化の効果的な手法として様々な分野において定着しておりますが、当社の創業当時は全く未知のビジネスでした。しかしながら、高度経済成長が続く日本においては、モータリゼーションの進展は確実であり、官公庁・企業における間接業務の効率化・分業化は必然的に進むであろうとの予測にもとづき、自動車の運行管理の分野におけるアウトソーシングサービスを開発いたしました。

  以来、車両管理業務はその利点が認知され急速に普及し、今日ではひとつの「業種」あるいは「業界」として認知されるに至りました。経済・社会活動に不可欠な公共性の高いビジネスであるとも認知されるようになり、その市場は拡大し続けております。

  私どもは、創業以来40年以上にわたり「車両管理業務」のパイオニアとしての責任と自負を持ち、お客様に質の高いサービスを提供してまいりました。おかげさまで中核事業である「車両管理業務」に対して皆様からいただいた信頼をもとに、現在では、高速道路・有料道路における「交通管理業務」および「料金収受業務」、駐車違反取締りに関する民間委託の「放置車両確認事務」、『道の駅』の運営管理をはじめとした「公共施設指定管理事業」などの新しい事業も展開しております。

  こうした一連の事業を通じて私どもが目指すことは、ひとつでも多くの「日本道路興運にしかできないこと」をひとりでも多くのお客様に提案し、それらを質の高いサービスとしてご提供し続けることです。これこそが、お客様からの信頼を得るために欠かすことのできない、そしてこれからも変わることのない私どもの基本姿勢であります。

  行財政改革や経営改革の手法として定着し、今後も広範な分野において拡大が見込まれる経営合理化のための究極のサービス“アウトソーシング”。そのアウトソーシングの長期的にも信頼されるパートナーとして、お客様と社会のニーズにお応えするために、今後もたゆまぬ努力と研鑽を重ねてまいります。

代表取締役 山口 哲也
このページの上へ
Copyright(C) Nihon Doro Koun, Inc. All rights reserved.